色々な胃カメラについて思ったこと。

胃カメラと一口に言ってもその性能から大きさからどのような調べ方をするかなど様々です。やはり体の中にカメラが入るのですから、身構えてしまいますよね。口コミなどを見ても怖いと思われる方も多いと思います。今のところ大まかにタイプが2つありますね。まず代表的なのが口からカメラを入れるやり方、これは昔からありましたが、初期の頃はカメラも大きく、今のような麻酔や安定剤の処置がなかったので口に入れるだけで患者さんの負担がとても大きかったようです。今でも小型化されたとは言え、病院を選ばないとやはり辛いところは辛いそうです。喉など歯磨きをしているとおぇっとなってしまう人などは、胃カメラは何も処置なしでするとキツイと聞いた事があります、また若い人は反応も敏感なので結構辛いと聞きました。どちらかというと年齢が上の方のほうがまだ楽なのだそうですが、私としてはちゃんと麻酔や安定剤の処置をした楽な胃カメラをやっている病院を探しました。最近は病院も自分で選べる時代ですから、情報を集めて自分が一番楽だと思う方法が一番いいと思います。更に二つ目にもっと小型の鼻から入れるタイプの胃カメラもあるそうです。これの利点は喉に入れる胃カメラと違いおえっとならないところがいいそうです。知り合いの男の人がそう言っていました。ただし、鼻から入れるので鼻の穴の小さい人、特に女性に時折きついと思う人がいるそうです。

また口から入れる胃カメラと比べるとやはり性能は口から入れる胃カメラのほうが高いと聞いたことがありますが、実際はどうなのでしょうか?どちらにしても胃カメラそのものは恐らくまた数年経つ程に小型化して受け易くなると信じています。

またこれはまだ多く普及されてはいませんが、今一番楽だと言われているのが飲むタイプの胃カメラです。飲んでしばらく機械に映像を撮ってもらい、そのデータを渡す事で中の様子がわかるそうです。カプセルを飲むだけなので、患者さんには全く負担がありませんよね。この間テレビを見ていたら。カプセルを自在に操作できるようにもなってきたとの事。私が体験した胃カメラは安定剤を用いて苦しくないようにしてもらう物でしたが本当に楽でした。もちろんネットなどで自分で探しました。鼻からの胃カメラも悩んだのですが、楽と言ってもほんとはちょっとはきついのかなと思ったのですが全然大丈夫でした。今後ももっと胃カメラも小型化して性能も上がり、沢山の人が人間ドックの時のバリウムを飲んで写す胃の検査並に楽に受けられるといいなと思います。病気の早期発見は大事だと思います。