初めて胃カメラ検査を受けるなら

胃カメラ検査は誰しも嫌なものです。人間なら誰しも異物を飲み込む事がない様に備わっている反射に対して、いくら小さくなってきているとはいえ、あのような人工物を口からいまで入れられるのですから、当然だと思います。ですが、胃カメラ検査から得られる情報量は実に多く、患者数の多い医の疾患や状態を明確に知る事が出来る手段であるため、必要であればぜひ受けて欲しい検査とも言えるのです。なかには、胃カメラ検査の苦痛や恐怖心などから、胃カメラをのむくらいなら癌になった方が良いとさえ言う人もいるほどです。ですが、そんな人であっても、いざ癌の告知をされれば必ず後悔する事でしょう。それ程、早期発見の意義は大きいのです。医療の進化とともに、胃カメラ検査も徐々に変わってきています。胃カメラ自体も随分小さくなっていて、昔に比べるとかなり飲みやすいものになってきています。


とはいえ、やはり飲み込むのは大変なことに変わりはありません。病院の規模や理念によってその有無やレベルは異なるのですが、検査前に鎮痛剤や鎮静剤を利用して、苦痛を和らげるケースもあります。強めの薬剤を使用した場合などには、ベッドに横たわり、マウスピースを加えたところまでは覚えているが、その後は朦朧としているうちに検査が終了していたという場合もあります。逆に、全く薬を使わずに検査を行う所もあるのです。検査中の薬剤の使用については、従事者の間でも賛否があったり、施設によっては薬剤を使った場合に必要となる処置後の回復室の準備が出来ないため不可能であるという場合もあります。また、苦痛の大小は医師の技術による所もあり、大学病院などでは若手の医師のトレーニングにあたってしまう可能性も十分あるので、不安な人は病院選びを慎重に行う方が良いかもしれません。


中には鼻からカメラを挿入できる所もあり、こちらは鼻の奥の多少の痛みはあるものの、経口よりはるかに楽であると言われています。また、検査を受ける側の姿勢としては、とにかくリラックスを心がける事が第一です。出来るだけ体の力を抜き、まな板の上のコイになったつもりで、気持ちを大きく持ちましょう。飲み込む瞬間は、思い切って大袈裟なほどゴックンとする方が上手くいくと言われています。余裕があれば、映し出された映像をみて、なるべく意識を苦痛に集中させない方が良いかもしれません。定期健診として、胃癌などの早期発見の手段として、有用な検査法である胃カメラ検査を、出来るだけ苦痛が少なく受けられると良いと思います。

内視鏡は痛いからいやだというイメージを持っている人であっても、当院の痛くない内視鏡によって検査を受けることができます。 クリニックの主力商品は、胃や大腸の内視鏡検査において世界最高水準の「苦しくない無痛内視鏡検査」ができることです。 無痛内視鏡検査のメリットは、苦しまずに検査が受けられ、もし病気があったとしても早期に発見出来る事です。 胃カメラでの検査ならたまプラーザ